会長あいさつ
大人も、子どもも交流しましょう
一つずつ前に進み、今を大切に、未来へ希望を抱き、足跡を

 昨年度はコロナウイルス感染拡大により、PTA会員の皆さまにおかれましても大変不安な日々を過ごされたかと存じます。県pとしましても多くの事業などの中止、また開催方法の変更などを余儀なくされました。しかし、多くの単位PTAの方々の県pに対するご理解とご協力を賜りましたことに深く感謝いたしております。誠にありがとうございました。

 私は昨年度、会長という身に余る大役を任せていただき、改めて私たちPTAとはどのような団体なのか、社会教育関係団体とは何かなど、より深く学ばせていただく良い機会を与えていただきました。PTAとは知れば知るほど奥深く、PTAの団体としての長い歴史とともに、「子どもたちの健全育成」を目的に掲げ、大きく3つの活動(地域社会と一体化、成人教育、学校教育への協力連携)を行っているなど団体としての重要性も再認識できました。

 このような学びがあるとともに、また多くの会員の方々と出会い、さまざまな考えや意見、助言などをいただきました。そこで私たちはPTAとして「何を行ない、何ができ、何を求められているのか」をより深く考える1年でした。

 令和3年度、会長として2年目を迎えた今、前年度の経験を活かし、より良い県pの運営を行っていく所存です。

 今年度の福岡県PTA連合会としての基本方針として、「時を刻む 学びと交流 ~子どもたちのために協働的活動を」をスローガンとして掲げております。この「時を刻む」という言葉には、時計の針のように一つずつ前に進み、後退することなく、今を大切にし、これからの未来へ希望を抱き、足跡を刻んでいきたいという思いが込められています。

 また、「学び」では、私たちはここ数年さまざまな聞きなれない言葉を耳にすることが多くなってきました。例えば、ギガスクール構想やICT教育など数えれば多くの言葉が私たちの周りに存在します。これは子どもたちも同様です。子どもたちは将来への成長のため、学校などを通じて今から多くのことを学んでいきます。同時に私たち大人も学んでいく必要性を強く感じています。

 「交流」では、子どもたちを中心に考えると色々な交流があります。保護者同士、学校と保護者、地域、企業、行政、各種団体、社会体育その他、多くの交流が必要となります。その中でも多くの方がまず、保護者同士をイメージされるのではないでしょうか。子どもたちの成長を支えていくうえで、保護者同士の交流は欠かせません。子どもたちの成長を互いに喜び、励まし、慰めあう、また相談するなど交流が成しえる力だと考えています。保護者と先生についても同じです。

 そして保護者と先生の交流の中には、連携も欠くことはできません。保護者には保護者の役割、先生には先生の役割、お互いに役割分担しているものを連携と交流をもって子どもたちのために集約する必要があると考えます。そこでこの交流の一助を担うものにPTA活動があると考えております。

 今年度はこのような思いで進めてまいりますので、ご理解のほどよろしくお願い致します。

 県内各地より多くの役員・理事・委員の方々が熱い思いを胸に、県pに参加されています。私自身も昨年の経験を大いに活かし、確固たる信念のもと、皆さまの声を大切に今年度の福岡県PTA連合会会長を務めてまいります。

 新型コロナウイルスの終息が見えない中ではありますが、私たちができること、やらなければならないことを役員・理事・委員の方と協力し、福岡県PTA連合会として一歩一歩前進してまいります。今年度もご理解とご協力のほどよろしくお願い致します。
すべての子どもたちの幸せと会員の方お一人お一人のご多幸とご繁栄を祈念し、あいさつと代えさせていただきます。
福岡県PTA連合会 会長 松尾 和昭
活動指針
◎基本方針
『 時を刻む 学びと交流 ~子どもたちのために協働的活動を~ 』
 本会は、社会教育関係団体としての組織の特性を理解し、各ブロック・区市郡・市町村PTA、教育委員会との連携を図り、単位PTA(以下、単P)の意見を尊重しながら子どもたちの健全育成を目的とした活動により、会員も成長することができる事業を行う福岡県PTA連合会(以下、県P)を目指す。
◎各委員会等の活動方針
役員会・理事会
◇重点目標
具体的施策本会の役割を十分理解し、その目的達成のための組織づくりや運営に努める
活動報告 ◇具体的施策





各委員会事業推進のためスムーズな運営を図る
各地域のPTA組織との情報交換を図り、連携を強化する
各地域におけるPTA活動の状況を把握し、実情にあった事業のあり方を検討する
市町村代表者会議の企画・運営
教職員の働き方改革を支援する
PTAへの任意加入問題への対応の協議
総務委員会 ◇重点目標 具体的施策教育条件の改善と組織力の強化を図る
活動報告 ◇具体的施策

会則の検討・見直し
スケールメリットを活かした県教委への陳情・対談
他の委員会に属さない事項に関する取組
研修委員会 ◇重点目標 具体的施策PTAによる研修の必要性の啓発とPTA活動に活かせる研修を実施する
活動報告 ◇具体的施策
PTA役員研修会の企画・運営
スポーツ等を通じての交流会の企画・運営
広報委員会 ◇重点目標 具体的施策県P事業の周知と全県的情報の共有を図る
活動報告 ◇具体的施策
県P新聞の企画・取材・校正・発行
広報紙づくり研修会の企画・運営
安全・調査委員会 ◇重点目標 具体的施策子どもたちを取り巻く環境調査とその対応策を検討する
活動報告 ◇具体的施策


子どもたちの安全確保の推進と研修等
スマホやインターネットツールに関する研修会の開催
学ビバ!!FUKUOKA2021福岡市大会への参画
家庭教育委員会 ◇重点目標 家庭教育の重要性を再認識し、親と子が共に学び成長できる事業を実施する
活動報告 ◇具体的施策
“新”家庭教育宣言の継続
“新”家庭教育宣言実践報告会の企画・運営
母親代表者会
◇重点目標
具体的施策県Pの運営に母親の視点で積極的に参画し、研修会の実施等を通じて、母親代表の連携を図る
活動報告 ◇具体的施策 母親代表者研修会の企画・運営
HP管理運営委員会
◇重点目標
具体的施策県・ブロック・区市郡・市町村・単P間の情報網の定着を目指す
活動報告 ◇具体的施策
県Pホームページの充実
情報発信ツールの活用
組織機構図

■会員数 182,134名(令和3年 5月1日現在)
      県内の、政令指定都市(福岡市・北九州市)を除いた公立小・中学校の保護者・教職員。
■組織   6ブロック・35区市郡PTA代表約70名が理事会、5委員会を運営する。

役員・理事・委員
役 職
ブロック
区・市・郡
所 属 校
氏   名
会 長
南 筑 後
八女市
福島中
松 尾 和 昭


北 筑 後(母代)
うきは市
浮羽中
川 原 未 絵
北 筑 後
小郡三井区
宝城中
廣 瀬   啓
北 筑 後
小郡三井区
のぞみが丘小
清 原 龍 彦
北 九 州
遠賀郡
島門小
香 月 まゆみ
北 九 州
直方市
直方東小
藤 野   勇
京  築
行橋市
仲津小
鬼 頭 良 典
福  岡
糸島市
福吉小
佐 藤 剛 史
北 筑 後
久留米市
良山中
野 村 賢太郎
南 筑 後
柳川市
柳城中
古 賀 大 介
北 九 州
直方市
福地小
倉 地 宏 治
筑  豊
田川市
中央中
金 本 恭 幸
京  築
豊前市
宇島小
金 光   功



福  岡
宗像区
福間小
久 保 貴 弘
糟屋区
須恵第二小
久 保 貴 弘
北 筑 後
朝倉市
馬田小
窪 山 晶 則
久留米市
川会小
古 賀 秀 美
南 筑 後
筑後市
水田小
宮 原 章 史
三瀦郡
大木中
浦 田 慎一郎
北 九 州
遠賀郡
芦屋中
小 野 哲 郎
鞍手区
小竹西小
宮 嶋   亮
筑  豊
飯塚市
大分小
鈴 木 力 和
嘉麻市
碓井中
田 中 眞 美
京  築
京都郡
豊津中
大 崎 一 貴
築上郡
上毛中
茂 森 慶 太
母親代表
糸島市
福吉小
松 尾 菜美子
筑後市
松原小
星 野 美由紀
校 長 会
朝倉郡
三並小
井 手 富 孝
筑紫区
大野東中
岩 野 展 夫

南 筑 後
筑後市
古川小
野 田 芳 彦
筑  豊
飯塚市
穂波東小
塩 川 辰 郎
 ▼ 総務委員会( 委員11名 ) 理事
委 員 長
古泉 慎也 須恵第二小(福 岡)
副委員長
宮原 章史 水 田 小(南筑後)
委 員
堀田 哲司 中 央 中(福 岡)
委 員
  髙野 亮一 宮ノ陣中(北筑後)
委 員
  鹿田  健 上広川小(南筑後)
委 員
  行武 太一 川 崎 小(筑 豊)
 母親代表
委 員
浦  美紀 前原西中(福 岡)
委 員
  坂本 幸子 新 津 中(京 築)
 校長会
委 員
岩野 展夫 大野東中(福 岡)
委 員
猪股 清貴 須 恵 中(福 岡)
委 員
  真島 光秋 合 岩 中(京 築)
 担当副会長
  廣瀬 啓 会務担当(北筑後)
 ▼ 研修委員会( 委員13名 ) 理事
委 員 長
窪山 晶則 馬 田 小(北筑後)
副委員長
田中 眞美 碓 井 中(筑 豊)
副委員長
茂森 慶太 上 毛 中(京 築)
委 員
  今泉 茂樹 篠栗北中(福 岡)
委 員
  大鶴 泰輔 前 原 小(福 岡)
委 員
  石藏 慶典 吉 井 中(北筑後)
委 員
  矢野  愛 感 田 中(北九州)
委 員
  藤川 宣宏 桂 川 小(筑 豊)
 母親代表
委 員
  坂本 知紘 小竹西小(北九州)
委 員
  野口 純子 中 央 中(筑 豊)
 校長会
委 員
草場 大史 馬 田 小(北筑後)
委 員
  野田 俊泰 中 山 小(南筑後)
委 員
  村田 泰彦 宇 島 小(京 築)
 担当副会長
    鬼頭 良典 会務担当 (京 築)
 ▼ 広報委員会( 委員11名 ) 理事
委 員 長
大崎 一貴 豊 津 中(京 築)
副委員長
久保 貴弘 福 間 小(福 岡)
副委員長
井手 富孝 三 並 小(校長会)
委 員
木村 公治 前 原 中(福 岡)
委 員
  田中 幸道 宮 前 小(南筑後)
委 員
  八木 秀和 中間東中(北九州)
委 員
  赤松章太郎 田 川 小(筑 豊)
 母親代表
委 員
四宮 悦子 福 地 小(北九州)
委 員
大神 恵理 三毛門小(京 築)
 校長会
委 員
  今長谷義孝 須恵第二小(福 岡)
委 員
  中村 典史 岡 垣 中(北九州)
 担当副会長
    清原 龍彦 会務担当 (北筑後)
 ▼ 安全・調査委員会( 委員14名 ) 理事
委 員 長
小野 哲郎 芦 屋 中(北九州)
副委員長
古賀 秀美 川 会 小(北筑後)
副委員長
鈴木 力和 大 分 小(筑 豊)
委 員
高千穂有信 吉 木 小(福 岡)
委 員
山本 周作 大 原 小(北筑後)
委 員
田中 裕之 六 合 小(南筑後)
委 員
渡邉 征崇 西 中(南筑後)
委 員
増尾 英治 中 京 中(京 築)
 母親代表
委 員
松尾菜美子 福 吉 小(福 岡)
委 員
佐藤 幸子 良 山 中(北筑後)
委 員
  村上 義文 柳 河 小(南筑後)
 校長会
委 員
  船津 聡哉

小 郡 中(北筑後)

委 員
  石橋 雄二 筑 後 中(南筑後)
委 員
  大森 雅明 山 田 中(筑 豊)
 担当副会長
    藤野 勇 会務担当 (北九州)
 ▼ 家庭教育委員会( 委員12名 ) 理事
委 員 長
宮嶋  亮 小竹西小(北九州)
副委員長
浦田慎一郎 大 木 中(南筑後)
委 員
  黒上 勝史 平 野 中(福 岡)
委 員
  熊谷 弘枝 東峰学園(北筑後)
委 員
  二神 香里 宮 原 中(南筑後)
委 員
  小川 大和 東 山 中(南筑後)
委 員
  鈴木 正瑞 八 屋 小(京 築)
 母親代表
委 員
星野美由紀 松 原 小(南筑後)
委 員
  田中のぞみ 水 分 小(北筑後)
委 員
  渡辺 亜希 田 川 小(筑 豊)
 校長会
委 員
 
馬庭 健二 小竹西小(北九州)
委 員
  益田  茂 添 田 小(筑 豊)
 担当副会長
    香月まゆみ 会務担当 (北九州)
会長あいさつ
 
副会長あいさつ
 
活動指針
 
組織機構図
 
役員・委員

会長あいさつ
 
副会長あいさつ
 
活動指針
 
組織機構図
 
役員・委員
会長あいさつ
 
副会長あいさつ
 
活動指針
 
組織機構図
 
役員・委員
会長あいさつ
 
副会長あいさつ
 
活動指針
 
組織機構図
 
役員・委員