家庭教育委員会 活動報告
■令和2年02月01日(土)第6回家庭教育委員会
 出席者=境真秋、楠見和幸、宮﨑秀明、三根広次、髙松美紀(大山晴美委員代理)、
秀村香織留、川原未絵。
〈協議事項〉
  ○“新”家庭教育宣言実践報告会について
      1) 当日の冊子
       ・“新”家庭教育宣言実践報告会 冊子について確認
        一部文言等の修正にて了承
      2) 役割分担
       ・講師(森園氏)は11時に都久志会館着
       ・会場責任者を川原委員に変更
       ・質疑応答時の観客席マイク係を岡・松尾副会長にお願いする
       ・タイムキーパーは受付係が行うこととし、氷室副会長にお願いする
      3) 報告会アンケート
       ・アンケートの内容について確認
       ・アンケートの集計については、出席委員にて分担し、取りまとめのうえ
        2月25日までに委員長に報告のこと
      4) 参加予定数
       ・本日現在での参加予定数を報告
       ・再度、開催通知文を全単Pに配布し、参加応募を募る
        委員から参加の呼びかけを行う
      5) 進行シナリオ
       ・昨年度の進行シナリオを基に文言及び言い回しを修正
        (シナリオの最終版については三根委員と事務局で打ち合わせる)
      6) ステージレイアウト
       ・昨年度のステージレイアウトを基に確認
        (演題の生花は置かない)
      7) 説明内容・アンケート結果報告
       ・“新”家庭教育宣言については正副委員長に一任(作成済)
       ・アンケート結果報告内容について、一部修正
        (報告内容の最終版については秀村委員と宮﨑委員で確認)        
 次回の委員会は、令和2年3月7日(土)午後0時30分
■令和2年01月11日(土)第5回家庭教育委員会
 出席者=境真秋、楠見和幸、宮﨑秀明、本多弘和、服部聖志、髙松美紀(大山晴美委員代理)、
川原未絵。
〈協議事項〉
(1)“新”家庭教育宣言実践報告会について
  1) 開催要項
  ・講師の肩書を変更したことを報告
  ・講座に使用する資料の内容最終確認
  ・冊子表紙のデザインを確認
  ・報告会時に漢字検定及び広報紙づくり研修会のパンフを
   配布または掲示することについて了承
  2) 申込人数
  ・1/10時点での申し込み人数について報告
  3) 役割分担確認
  ・当日の委員等出欠状況に鑑み、一部役割分担を変更
  (全体進行)三根委員 
  (会場責任者)矢野委員 
  (“新”家庭教育宣言 事業説明)境委員長
  (受付係)ブロック副会長、船元監事、畠中監事
  (ステージ係)廣瀬副会長、川上副会長 
  (会場係)岡副会長、松尾副会長
  ※当日のスタッフの集合時間
   家庭教育委員会委員・・・午前 9時00分  
   廣瀬副会長・・・午前 9時30分
   その他の副会長、監事・・午前10時00分
  4) 進行表・会場レイアウト
  ・昨年の進行表及び会場レイアウトに原則準ずる
  5) 説明内容検討
  ・アンケートの取り纏め結果により文言修正
  6) 当日のアンケート
  ・アンケート票の中の講座に関する回答項目を簡素化
  7) その他
  推進活動費使途報告について
  ・推進活動費の使途変更が2校から提出されていることの説明がされ、内容の再確認
(2)推進活動費について
  ・12/13開催理事会での協議内容について説明
  ・令和2年度の推進活動費のスケジュールは従前どおり
  ・令和2年度の推進活動費は150万円で理事会へ要望
  ・1学期から推進活動費を利用した取り組みができるのかアンケートを徴収し、令和
   3年度の検討材料とする(3月中予定)
(3)今後の検討事項について
  ・今後協議すべき内容について確認
  (令和2年度“新”家庭教育宣言開催要項の作成・・実践報告会の会場選定含む)
 次回の委員会は、令和2年2月1日(土)午後3時から
■令和元年11月23日(土)第4回家庭教育委員会
 出席者=境真秋、楠見和幸、三根広次、服部聖志、秀村香織留、川原未絵。
〈協議事項〉
(1)“新”家庭教育宣言実践報告会について
     1)開催要項について
      ・要項(案)の趣旨を一部削除及び「3講演、演題」を「3講座、テーマ」に変更
     2)講師について
      ・e-ネットキャラバンから講師として森園秀人氏
       (NECソリューションイノベーター(株))が派遣されることを報告
      ・講座の配布資料を講師と再確認
      ・講座内容として、フィルタリングの必要性、スマホの機能紹介等
       基礎的な利用方法を入れる
      ・講座に対する質疑応答の時間を短時間でも取ることを講師と調整
       ※スマホ利用に関して問題が起きた時の、保護者と学校の責任の所在及び対応を
        チェックシート形式でまとめられないか理事会で検討
     3)発表校について
      ・開催要項に記載のとおり(発表校には連絡済)
     4)役割分担について
      ・実践報告会に向けた役割分担表を作成
       ※当日の委員の出欠確認及び県P役員会の協力要請を行う
     5)冊子の構成について
      ・冊子の構成は昨年同様とする
      ・冊子の表紙のデザインは三根委員が検討(シンプルなもの)
(2)次年度の実施要項について
      ・令和2年度の“新”家庭教育宣言推進活動費の応募スケジュールを
       繰り上げることで理事会に提案したい
      (各単Pの早めの取り組みを促したい。推進活動内容の継続性、必要性を委員会で
       良く吟味するため。)
 次回の委員会は、令和2年1月11日(土)午後3時から
■令和元年09月07日(土)第3回家庭教育委員会
 出席者=境真秋、楠見和幸、宮﨑秀明、本多弘和、三根広次、秀村香織留、川原未絵、
大塚政宏。
〈協議事項〉(1)“新”家庭教育宣言実践報告会の内容検討
         1.実践報告会に係る開催行事内容の構成は、平成30年度と
          同じとすることを確認。(講演1課題→実践報告4校)
         2.講演は、一般財団法人マルチメディア振興センターによる
          e-ネットキャラバンにお願いする。
         3.実践報告校及び報告順番は、以下のとおり。
          福岡ブロック 大野小→京築ブロック 伊良原小・中
          →京築ブロック 角田小→京築ブロック 南原小
         4.次年度の報告会会場、推進活動費の方針(方向性)について
          今後協議。
       (2)その他
           次回の委員会は、11月23日(土)午後2時から 
■令和元年07月27日(土)第2回家庭教育委員会
 出席者=境真秋、楠見和幸、矢野裕児、宮﨑秀明、本多弘和、服部聖志、秀村香織留、
川原未絵。
〈協議事項〉 (1)今年度の委員会活動について
       (2)推進活動費について
          1.応募要項
          2.応募単位PTAの選考
          3.その他
       (3)その他
協議内容   (1)一昨年及び昨年度の活動実績を基に年間行事予定を確認。
       (2)“新”家庭教育宣言推進活動費に係る単Pからの申請書類を基に予算額に合わ
          せた調整を行った。(一部の単Pについては調整による活動内容及び活動費に
           ついて委員会から意見あり)また、2月16日(日)に開催される実践報告
          会の内容協議として、講演1題、実践発表4課題とすること及び実践発表校
          の第1次選考を行った。
          次回の第3回委員会にて、講演依頼先(講演内容含む)、実践発表校4校及
          び開催場所の最終決定を行うことが了承された。
       (3)令和元年度 “新”家庭教育宣言の取り組みについて、今年度取り組まないと
          報告された単Pは、関係ブロックの委員が確認を行う。
■平成31年03月02日(土)第8回家庭教育委員会
 出席者=峯拓郎、齊田直樹、香椎陽介、秋山隆行、宮﨑悟、白坂正彦、馬場理恵、佐藤舞美、
松尾和昭。
〈協議事項〉
 第8回家庭教育委員会では、2月17日に開催した新家庭教育宣言実践報告会の反省と、次年度の家庭教育支援事業について協議を行いました。
 実践報告会については、アンケート集計の結果や会計報告、次年度の日程と会場の検討を行いました。
 次年度の家庭教育支援事業については、取組実施要項、推進活動費実施要項、提出様式等について協議を行いました。
■平成31年02月13日(水)第7回家庭教育委員会
 出席者=峯拓郎、齊田直樹、香椎陽介、秋山隆行、宮﨑悟、馬場理恵、坂井満、松尾和昭、
本田幸典。
〈協議事項〉
 第7回家庭教育委員会では、2月17日に開催する新家庭教育宣言実践報告会の役割分担、進行方法の確認を行いました。
 また、会場の確認を行い、レイアウトや当日の人員配置等について確認を行いました。
■平成31年01月26日(土)第6回家庭教育委員会
 出席者=峯拓郎、齊田直樹、香椎陽介、秋山隆行、宮﨑悟、白坂正彦、熊抱えり奈、馬場理恵、
佐藤舞美、小南裕彦、松尾和昭。
〈協議事項〉
 第6回家庭教育委員会では、2月17日に開催する新家庭教育宣言実践報告会の冊子、当日の役割分担、進行方法、会場レイアウト等について、協議を行いました。
 役割分担、会場レイアウト等につきましては、2月13日に会場確認を行う際に再度協議する計画をしております。
■平成30年12月01日(土)第5回家庭教育委員会
 出席者=峯拓郎、齊田直樹、香椎陽介、秋山隆行、宮﨑悟、白坂正彦、熊抱えり奈、馬場理恵、
佐藤舞美、小南裕彦、松尾和昭、本田幸典。
〈協議事項〉
 第5回家庭教育委員会では、2月17日に開催する実践報告会の冊子内容、発表校順番、当日の役割等について協議を行いました。
 冊子については、表紙デザインや構成について検討を行い、次回の家庭教育委員会で決定する予定となっております。
 発表校順番については、実践内容が類似した発表が連続しないように決定しました。
 当日の役割については責任者を決定し、配置や動きについては次回の家庭教育委員会で協議する事となっております。
■平成30年09月15日(土)第4回家庭教育委員会
 出席者=峯拓郎、香椎陽介、秋山隆行、宮﨑悟、中村和博、小南裕彦、坂井満、松尾和昭。
〈協議事項〉
 第4回家庭教育委員会では、2月17日に開催する実践報告会の内容について協議しました。
 本年度は講演と実践報告4校での開催を計画し、講演者、実践報告校の選定等について協議しました。
■平成30年07月28日(土)第3回家庭教育委員会
 出席者=峯拓郎、齊田直樹、香椎陽介、秋山隆行、白坂正彦、熊抱えり奈、馬場理恵、
佐藤舞美、坂井満、松尾和昭。
〈協議事項〉
 第3回家庭教育委員会は、第2回で決定した新家庭教育宣言推進活動費
 助成関係の通知内容、新家庭教育宣言アンケート内容について協議しました。
 また、2月17日に開催する実践報告会の内容検討を行い、次回の委員会にて講演内容、実践報告校の選定等について協議する予定です。
■平成30年07月14日(土)第2回家庭教育委員会
 出席者=峯拓郎、香椎陽介、秋山隆行、宮﨑悟、白坂正彦、熊抱えり奈、佐藤舞美、小南裕彦、有馬仁、松尾和昭、永原譲太郎(ゲスト参加)。
〈協議事項〉
(1) 今年度の取組状況について
(2) 推進活動費について
 1.応募要項
 2. 応募単位PTAの選考
 3. その他
(3) その他
 今回は、年間スケジュールの確認と、新家庭教育宣言の推進活動費の振分けを中心に協議しました。
 推進活動費の振り分けについては、出席者全員で応募内容の検証(取組み内容・要望金額)を行い、実施校の選定を行いました。
■平成30年02月08日(木)第7回家庭教育委員会
 出席者=奥村秀行、藤森小百合、阿部美樹子、浦野英紀、加来智昭、前田紗由美、畠中聡子、
古賀典子。
<協議事項>
(1)“新”家庭教育宣言 実践報告会 最終確認
   1. 運営マニュアル
      ・役割分担
      ・進行シナリオ
      ・ステージレイアウト
      ・参加予定数
   2. “新”家庭教育宣言 内容説明・アンケート結果報告
   3. 当日のアンケート
(2)その他
【意見のまとめ】
 2月8日に第7回家庭教育委員会を最終確認のため都久志会館で行いました。
運営マニュアルを見て役割分担の確認をし、進行・ステージレイアウト・参加人数・当日のアンケート集計のまとめ等をどうするのかを話し合いました。
 その後会場に行き、スタッフの方と会場・控え室・ステージ等の説明を受けました。
進行シナリオに合わせて演台やテーブル等の位置確認を行いました。
■平成30年01月20日(土)第6回家庭教育委員会
 出席者=奥村秀行、藤森小百合、阿部美樹子、伊藤規宏、浦野英紀、加来智昭、森香織、
前田紗由美、原中愛、畠中聡子、古賀典子。
<協議事項>
(1)”新”家庭教育宣言 実践報告会について
   1.開催要項
   2.役割分担
   3.進行表
   4.当日のアンケート
   5.その他(現在の申込人数・次年度の開催時期について)
(2)推進活動費を受けた単位PTAのアンケート結果
(3)その他