福岡県PTA連合会機関誌/令和4年3月号から「お正月はなぜめでたいのでしょう/NO.108」
  今年の旧正月は2月1日でしたが、それにしても今ごろ、お正月の話って少しずれていますよね。まあ来年の参考にと思って読まれてください(鬼さんから笑われるかもですが)。

 「しめ縄ってなんですか」と聞いたのはテレビ局の若い女性でディレクターさんだったそうですが、それくらい正月飾りをしない家庭も増えたということかもしれません。確かに昔より正月のめでたさが薄くなっている気がします。

 「正月といっても31日の次の日というだけじゃん」と言われれば確かにね。それならばなぜこんなにも長い年月私たちは新しい年を祝ってきたのでしょうか。

 暦が月の満ち欠けをもとに太陽の動きを加味した「太陰太陽暦」から明治6年に太陽の動きをもとにして作られた「グレゴリオ暦」に変わって、今の1月1日はまだまだ寒くて、初春を祝うという感じにはなりにくいですが…。

 ここから古代人になったつもりで読んでいただきたいのです。私たち人類はいつもお腹を空すかせていました。まだ農業の発明もない大昔は、人間の方が大型の動物に狙われるなど危険も多く、常に飢えとの戦いであったのだと。日本でほとんどの人が、お腹なかいっぱい
食べられるようになったのは第二次世界大戦のあと少し落ち着いてからです。お年寄りの中には空腹の経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 寒く暗い冬になると、食べ物となる植物も枯れてしまいます。狩りも思うようにはいきません。川も湖も凍ってしまい魚も採れません。明日どころか今日食べる物がない怖さ、想像してみてください。もうダメだと思ったその時、太陽の力が戻り明るく温かくなり小鳥がさえずり始め、動物も子を産み、植物も芽吹き始めます。その時の喜び…世の中が新しく蘇ったのです。うれしくて太陽や何か大きな力に感謝し祈ったに違いありません。続く命への喜
びです。

 昔、全国の縄文の遺跡を巡りましたが、祈りの場所の多さ、多様さに驚きました。

 太陽のパワーを無料で使わせてもらい(ここは私の思い込み)命が続いていくことを喜び感謝しそれが永遠に続くことを祈るのに人種も宗教も関係ないのです。しめ縄を飾ろうとか三社参りに行こうなどと言っているわけではありません。

 一年のけじめとして嫌なことマイナスなことはリセットして新しい希望を持つ日と考えてお祝いましょう。

 今年もどうぞよろしくお願いいたします。
福岡県PTA連合会機関誌/令和4年1月号から「お鍋の中は美しく/NO.107」
  寒い季節、背中がゾクっとする日があります。風邪のひき始めでしょうか。あわててマフラーをまいたりコートを羽織ったりもしますが、身体を急いで温めるのには温かい食べ物や飲み物をとるのが手っ取り早いです。温めた牛乳、ショウガのすりおろしの入ったおうどんやお湯なんでも良いのです。

 体が冷えたなーと思ったら温かいものをぜひ一杯。それだけで明日も元気に仕事や勉強を頑張れるかもしれません。

 寒い日の夜に鍋物はいかが。身体が温まるだけでなく栄養のバランスも取りやすくて、何
より料理が簡単でしょ。

 少し話が横道にそれますが、お鍋というと思い出すことがあります。

 ある放送局の忘年会でした。乾杯が終わり私がカセットコンロに火をつけました。
鍋の中に黄金色の出汁(だし)がキラキラとしておいしそうです。

 突然、前に座っている若い女性が皿をヨイショともち上げて、鍋の中に全ての材料をザーッと流し込んだのです。まだお出汁は沸騰していません。鍋の中はまるで生ゴミ状態。私はショックで固まりました。涙目になっていたかもしれません。怒ったかですって?いいえ注意したとしても後の祭りです。それまでも豆腐やシュンギクを最初に入れた人などは見てきましたけれどその女性が最もダイナミックでした。おいしかったかですって? 食べたかどうかの記憶さえもありません。

 皆さんもこの話に驚きましたか。わが家もそうしますなんて言わないでくださいね。

 全ての料理、最も大切なのは清潔感です。お鍋の中はいつもすっきりとさせておきたいもの。煮えたものと生のものがゴチャゴチャに混ざっているなんてダメですよ。お鍋によって作り方はちがいますが鶏とりの水炊きなどはまず少しスープを味わってから鶏を煮てポン酢でいただいて、その後、きのこ類や豆腐、野菜をいただいてから雑炊や麺でしめます。お鍋の中はいつもコトコトと優しく沸騰した状態です。ガタガタと激しい沸騰はお出汁を濁らすだけで燃料の無駄遣いでしかありません。コトコトでもガタガタでもお鍋の中の温度は100度なのです。

 私の好きなブタの薄切り肉とレタスのお鍋をご紹介しましょう。

 準備するのは豚肉の薄切り三枚肉でも肩ロースでもお好みで。あとは5センチに切った玉レタス。出汁6カップ、塩小さじ1、みりん大さじ3、薄口しょう油大さじ4を鍋に煮立てて豚肉とレタスを煮ながらいただくシンプル鍋ですがキノコや豆腐は好みで加えてください。
福岡県PTA連合会機関誌/令和3年11月号から「リンゴ大好きです /NO.106」
 9月初旬、ほんの少し秋の気配を感じる晴れた日にリンゴ狩りに行きました。田川市の隣の川崎町。観光リンゴ園のリンゴの木のオーナーになって4年目、毎年この日が楽しみです。

 川崎町の山間部にある手入れの行き届いた小さなリンゴ園、枝がしなるほどたわわに実った赤いリンゴ。

 幼い頃、体が弱かった私(本当ですってば…)は寝込んではリンゴのすりおろしを作ってもらっていました。おばあさんになった今でも、どんなに体調が悪くて食欲がなくてもリンゴだけは特別。リンゴと牛乳があれば生きていけるなーといつも思います。大好きな食べ物があるというのは幸せです。それが身体に良いものならなおさら。

 「1日1個のリンゴは医者いらず」はイギリスのことわざです。リンゴは胃腸に優しく生活習慣病の予防になると言われています。ちなみに西洋リンゴが日本に入ってきたのは130年ほど前だそう。

 リンゴはバラ科の植物なので香りもすてきです。サクランボ、モモ、ウメ、ビワ、イチゴ、ナシ、プルーンも全てバラ科の果物です。リンゴの赤い色(青や黄色も)と丸くかわいい形も元気をくれます。果物が食卓に上る幸せな食生活を子どもたちのために守りたいと思います。

 少し珍しいリンゴの料理を1つご紹介しますね。

 中国のご婦人からの伝授「リンゴとアボカドのレモンシュガー」
 リンゴ小1個、
 アボカド1個、
 砂糖大さじ1、
 レモン汁大さじ1

 リンゴはよく洗ってところどころ皮をむいて芯(しん)をとり、1センチ角に切ってボウルに入れます。アボカドはタネに沿って包丁で切り目を入れて2つに割ってタネを取ります。皮も取り除きリンゴと同じ大きさにし、リンゴのボウルに入れます。

 砂糖とレモン汁を加えて良く混ぜてください。アボカドが少し崩れてリンゴに絡まるとさらに、おいしいです。アボカドは脂肪分が20%程度含まれ森のバターと呼ばれます。

 オリーブオイルに含まれるオレイン酸が多いのも特徴で、若さを保つといわれるビタミンEも多く栄養的にもリンゴとの相性がとても良いのです。今年の秋はリンゴをたっぷりと楽しんでください。
福岡県PTA連合会機関誌/令和元年9月号から「枝豆は胸が焼ける?/NO.105」
  わが家は茹(ゆ)でたての枝豆を熱々でいただくのが胃にもたれず好みです。枝豆は大豆の未熟なものですが、やはり豆なので多少不消化です。小さなお子さんやお年寄りがいる家庭では少し柔らかめに茹でましょう。

 大豆は縄文時代から弥生時代にかけて稲とともに渡来した五穀の一つだと言われています。文献によると枝豆として食べられ始めたのは平安時代から鎌倉時代にかけてとか。未熟なうちに食べるなんて当時はとてもぜいたくなことだったと思います。

 熟した大豆は畑の肉と言われるようにたんぱく質が豊富ですが、ほかにも、食物繊維、ビタミンB1やB2、葉酸、鉄、カリウムなどの栄養素が含まれています。未熟な枝豆は大豆の3分の1程度の栄養価だと覚えておくと良いのですが、大豆にないビタミンCとカロチンを含みます。

 鮮度が落ちやすいので最近まではほぼ枝付きで売られていたので「枝豆」田んぼのあぜ道で栽培されるので「あぜ豆」とも呼ばれていました。

 最近では冷凍技術がすばらしく栄養価の損失も少なく年中いただけて便利ですが、白に鮮やかなグリーンの豆の対比が美しい枝豆御飯は暑い時期の料理です。2合のお米に茹でて鞘(さや)から出した枝豆を1カップ用意します。いつもより少し多めの水加減にして塩を小さじ1弱混ぜて普通にスイッチを入れます。新ショウガを小さく線に切って加えるのも大人の味です。

 今回ちょっと話が外れますが。枝豆を食べるたびに思い出すことがあります。20年も昔の話でしつこい性格がバレそうですが。テレビで枝豆の皮を食べようというテーマをやるので考えてくださいとディレクター。今のようにインターネットで簡単に調べられる時代ではないので書棚の植物関連の本を全て引っ張り出しましたが参考になる記載は一切ありません。放送は明日に迫っています。次に食の随筆をあれこれと…空が白み始める頃やっと見つけました。「枝豆の皮は二重構造になっているので、内側のプラスチック状の皮を取り除き外側の皮をもむように洗ってから薄味で煮付けます」と。やったー。執念で見つけました。あまりにうれしくて放送当日テレビ局の化粧室でそのことをしゃべりました。さて本番です。なんと若いレポーターさんが化粧室での話をそのまましたのです。私は頭の中が真っ白に…。枝豆を食べすぎると胸が焼けるのはこのせいかもしれません。

福岡県PTA連合会機関誌/令和3年7月号から「台所は危険がいっぱい/NO.104」
 コロナ禍で外出が減って子どもたちと一緒に過ごす時間が増えたとしたらそれは家族と一緒に台所に立つ絶好のチャンスです。

 私は若い頃、忙しすぎて子どもが台所に入ってくるのが嫌でした。足手まといになって。いつもより料理にずっと時間がかかるから。悪い母親ですね。気持ちの余裕がなかったのです。

 料理に興味を持たせる。料理を覚える。それも、もちろんですが、もっと大切なことは子どもたちに「台所は危険がいっぱいだ」と知ってもらいたいのです。

 いろんな種類の刃物、沸騰したお湯、それ以上に高温になる油、電子レンジの取り扱い。安全な付き合い方を覚えるのは実践しかありません。

 経験がないと油が怖いから材料を遠くから投げ込む。危ないですね。落ち着いてそっと表面に近いところから落とすことを教えましょう、きっと一度で覚えてくれますよ。

 茹(ゆ)で物をした熱いお湯をシンクに流すときは「熱いものが行きますよー」と、声をかけて流しから少し離れてもらいます。手を出さないようにしっかり言い聞かせてください。手伝いたいと思ってザルを押さえようとするのが人間の心理ですから。複数で台所に立
つときには声を掛け合うのがルールです。

 包丁を使った後は手から離さず、すぐに洗って安全な場所に置きます。汚れた調理器具の入っている洗い桶に入れるなんて一番してはいけないことです。包丁を置く場所は決めておきましょう。刃先を決して人のいる方向に向けないようにするのはマナーでもあります。

 電子レンジで牛乳を温めていてレンジのドアを開けたら全部噴きこぼれていたという経験はありませんか。これは突沸(とっぷつ)という現象です。

 液体は100度を超えると沸騰するのですが、条件によって沸騰しないことがあるのです。これを過加熱と言い、振動や塩や砂糖を加えるなどの小さな衝撃が加わるだけで突然激しく沸騰して中身が飛び出します。

 牛乳や豆乳やカレーなどのトロミがあるものは少し大きめの余裕のある入れ物に入れて短めにタイマーをかけます。時間は経験者がアドバイスしてあげてください。お鍋の中でも同じ現象が起こるのでお鍋も余裕のある大きさを使いましょう。シチューなどは少し弱めの火加減で時々混ぜながら温めます。

 少し脅かしすぎたかもしれませんが台所で安全に作業すること、注意深く動くことは生活のあらゆる場面で役にたつと思います。

福岡県PTA連合会機関誌/令和3年5月号から「食卓の調味料/NO.103」
  私がついうっかり料理研究家になってしまったのは、母から強引に短大の栄養科に入れられたからです。もちろん今では大感謝なのですが…。授業中は、ボーッと空想しているか教科書以外の本を読んでいるかの落ちこぼれ学生。卒業時に頭に残っているものは皆無。今となっては高い授業料を払ってくれた親に対して謝ることもできません。

 先日「先生の料理は薄味でおいしいです」と生徒さん。言われてみて気がついたのですが、外で食事をするとほぼ味が濃すぎて。あとでのどが乾きます。

 母は料理上手でしたが煮物などは甘辛く濃い味だったように思います。するとですね…私の味覚は2年間の学生時代で培われたのかもしれません。そうであるならばボーッと過ごしたあの時間も決して無駄ではなかったということです。それどころか素材の味を感じさせる薄味が身について、私や家族の健康の礎を築いてくれたのでした。

 皆さんの作る料理の味付けはどうでしょう。もし濃いと思われたら「今からでも味覚は変えることができますよ」と言えるのは私の経験からです。

 簡単なことから始めましょう。インスタントラーメンなら、指示された分量より水を多く入れます。佃つくだに煮や塩辛などは子どもたちには刺激の強過ぎる食べ物だと思ってください。「うちの子は酒のつまみのようなものが好きで…」なんて自慢げに話す人がいるのには驚きますが…。

 餃子(ぎようざ)やしゅうまい。下味のついた焼肉にさらにタレをつける。それが当たり前になっていませんか。最近では減塩の行き過ぎが問題にもなっていると聞きますが。子どもたちには塩辛さを好む嗜好(し こう)を身につけさせたくはありません。

 よその食卓のことはよく分からないのですが…(誰も招いてくれないので)。

 昔はどこの家庭にもテーブルの上に調味料セットが置かれていましたが今はどうなのでしょう? 食卓にはちゃんと味付けされた料理が置かれているはずです。刺身や冷奴(ひややっこ)、納豆など食卓での味付けが必要な時にだけ調味料があれば良いのでは。必要もないのに何にでもソースをかける誰かさんのようになってしまいそう。何日も小さな容器に入れっぱなしのしょう油は風味が飛んでしまっています。慣れるとそれにも気付かなくなります。

 コロナの影響で家庭の中での食事がさらに大切になっています。皆さんの食卓が楽しく健やかであることを祈っています。